lake-g81309532f_640
http://cari.jp/



1人で楽しむソロキャンプ
家族で楽しむファミリーキャンプ



キャンプは、コロナ禍で密を避けた健康的なレジャーとして人気が拡大しています。

大自然の中、ゆっくりすごす時間は格別なものだと思います。

1人でのんびり過ごすキャンプ

ファミリーや友達とワイワイ話しながら満喫するキャンプ

どちらも楽しそうです。
そんな、キャンプですがいくつか種類があるようです。

今回は、3つのキャンプスタイルをご紹介します。




64aff65a
http://cari.jp/




□ オートキャンプ

今では、一般的なキャンプスタイルかもしれません。
キャンプ場を選び車にキャンプ用品を積み込みキャンプ場でテントを設置

BBQ、釣り、ハイキングなどが楽しめます。

全て自分(自分達)でやりたいようにできるキャンプです。

※ 車の駐車スペースはキャンプ場によって違います。



□ グランピング

グランピング(glamping)
グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を合わせた造語です。

手軽におしゃれに、ちょっと贅沢なキャンプスタイルと言われています。

自分でテントを設置する必要もなく、寝袋で寝ることもありません。
例えるなら、野外に設置されたホテルの一室のような空間です。

ベットがあったり、BBQの器材が揃っていたり
シャワー、トイレ、空調設備が完備されているプライベートな空間となっています。

お手軽な上豪華な気分と大自然が味わえるキャンプです。




□ ティピー

ティピー(Tipi )テントのあるキャンプスタイルです。
元々は、ネイティブアメリカン(インディアン)の移動式住居として使われていたテントです。

形は円錐形で、テント内で焚火やBBQが可能です。
また、雨天でもキャンプが楽しめます。

三角屋根の可愛いテントは秘密基地のようなキャンプです。


※ オートキャンプ場にもティピーテントが設置されている区画もあります。




□ まとめ

課外授業では、自分達でテントを張りカレーライスを作り
寝袋で寝た経験はありますが・・・

あえて、大人になってからはキャンプはしたことはありません。
虫にさされたり、お風呂には入れなかったりと・・・(笑)

やはり、女性にはグランピングスタイルが心地よいかもしれません。

ティピースタイルは海外では多いようなので、憧れます。^^




cari.jp