かりるーむ (http://cari.jp) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
tenten


suhyeon-choi-tTfDMaRq-FE-unsplash


史上初、死者を出したハイジャック
史上初、SATが強行突入したハイジャック


2001年9月11日米国同時多発テロ事件以降
保安検査場において
着衣の上から直接触れる接触検査や
靴に対するX線検査を随時実施させていただく
場合があるなど、搭乗前の保安検査を強化しております。

【引用元:国土交通省】




かりるーむ
http://cari.jp/



日本では
ちょうど20年前の1999年の7月
ハイジャック事件があり
その4年程前の1995年の6月にも
ハイジャック事件がありました。
共に日本を揺るがす大事件となりました。


全日空61便ハイジャック事件

1999年7月23日
羽田空港発(午前11時23分発)新千歳空港行き

機体は30分送れで離陸
離陸後間もなく、「本機はハイジャックされています」と
機内アナウンスが流れ

犯人は、バックから取り出した包丁をCAにつきつけ
操縦室を開けさせ、機長を刺殺、操縦かんを握ったのです。

なぜ、犯人は機内に包丁を持ち込めたのか・・・

それは手荷物預かりシステムの盲点でした。

犯人は先に日本航空で羽田まで来ており
その際、手荷物の中に包丁を入れていました。
その手荷物をターミナルビル1階で受け取り
2階の出発ロビーに向かい全日空61便に乗り込んだのです。
当然、この行為は禁止行為です。
しかし警備も手薄だった事もあり
すんなり出発ロビーに到達したのです。
※ 現在では、このような行為はできません。

飛行機ゲームに夢中になっていた犯人は
現実でも操縦できると思い込み
このような大事件を起こしてしまいました。
そして、ハイジャック史上初
死者が出てしまった事件です。


全日本空 857便ハイジャック事件

1995年6月21日

羽田空港(午前11時23分初)函館空港行き

離陸後間もなく犯人にハイジャックされ
機長は、ハイジャック信号を発信します。

そこから15時間にも及ぶ攻防戦が始まるのです。

凶器は、アイスピックのようなものと、袋に入った液体
ハイジャック史上初、警察の特殊部隊「SAT」が
強行突入した事件です。


航空保安検査
保安検査場で、保安検査員が乗客1人々に行います
基本、それぞれの航空会社が検査会社に委託しています。

機内持ち込み手荷物へのX線検査と金属探知機
貨物スペースに預ける、荷物(受託手荷物)検査


液体持込制限の詳細

国内線
0.5Lまたは0.5kg以下の化粧品類
ペットボトル。水、お茶、ジュースは持ち込めます。

国際線
100mlずつ入っている個々の容器であること
全部足して1L以下であること
ジッパー付き透明プラスチック袋に入れること
ペットボトル。水、お茶、ジュースは持ち込めません。


航空


Japanese_Kourei_mark2


免許返納、運転経歴証明書交付
安全運転サポート車、通称「サポカー」


2019年4月、東京・池袋
87歳の高齢ドライバーが運転する車が暴走し
母子2人が死亡、8人が負傷した交通事故が発生しました。



かりるーむ
http://cari.jp/



国は、高齢ドライバー(75歳以上)に対し
新しい運転免許制度を検討しています。

年齢に伴う、反射力や判断力の低下
前方への注意不足、安全確認への怠り
ブレーキやアクセル操作の踏み間違い
これらを未然に防いでくれる機能が注目されています。


ADAS(エーダス/先進運転支援システム

急加速防止機能
夜間の歩行者を検知する自動ブレーキ
アクセルとブレーキの踏み間違い防止装置
踏み間違い時加速抑制装置(警報音)

衝突防止警報装置(警報音)
「人」も察知する衝突被害軽減ブレーキ
衝突被害軽減ブレーキ/自律自動ブレーキ)
数秒の急発進ストップや自動ブレーキ作動をおこなう

車線逸脱防止警報装置/自動で正位・置に戻る
車間距離制御装置(ACC)/一定距離を保つ
自動切換え型前照灯(自動的にハイビームに切り替わる)

標識検知機能(標識を自動認識、警報音)
360°見渡せるカメラとモニター/ブラインドスポットモニター
カーナビゲーション



高齢ドライバー、オススメ車種

日産・デイズ
「日産コネクトナビゲーション」機能

ダイハツ・タント
「スマートアシストⅢ」機能

スズキ ハスラー
「スズキ セーフティ サポート」機能



その他

70代後半を目安に、免許の自主返納をお願いしています。
返納すれば、代わりに運転経歴証明書が交付されます。

もみじマーク(70才以上)/高齢者マーク(高齢運転者標識)
道路交通法では表示する努力をお願いしています。
マーク表示位置
車体の前面に1枚
後面に1枚
(地上0.4メートル以上、1.2メートル以下)



最後に

コンビニなどの駐車場で
いきなりバックをしてきた車
逆送をして走っていた車
信号を無視して走り去る車
以前、これらを目撃した時に
なにげにドライバーの顔を覗くと
高齢者でした。
たまたまだったのかもしれませんが・・・


高齢ドライバー