かりるーむ (http://cari.jp) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
tenten

ひだまり号
出典 保護猫カフェひだまり号ホームページ




可愛い子猫がお出迎え
2018年に名古屋市西区にオープン!


インスタ経由で教えてもらった猫カフェ

全国的に話題になっている理由は・・・・

可愛い絵柄の二階建てバスが猫カフェとなっているからです。

たぶん、日本はもちろん、世界でもはじめての試みだと思います

ホームページを見てみると・・・

猫の保護活動、施設(シェルター)、猫の啓発活動、里親さん探しなど

とても幅広い活動をされています。

そんな、『保護猫カフェひだまり号』をご紹介します。



かりるーむ
http://cari.jp/



保護猫カフェひだまり号

中古の二階建てバスを改造しています。

移動はできません。

ご主人は大の乗り物好きだそうです。

1階はドリンクバー

2階は猫達とのふれあいスペースです。


場   所   愛知県名古屋市西区香呑町3-74
電   話   052-522-6295

営業時間   11:00~20:00
利用料金   昼間は
         1時間1296円 (15分刻みで250円)
                      小学生 1080円
         フリードリンク飲み放題
         夕方~は
         1時間1800円 (
15分刻みで350円)
      
   ビールとチューハイ飲み放題

定  休  日   毎週水曜日・第1・3木曜日


9月の定休日・・・

9月  4日(水)

9月  5日(木)

9月11日(水)

9月18日(水)

9月19日(木)

9月25日(水)



殺処分ゼロへ

カフェの猫達は、すべて

名古屋市動物愛護センターから引き取った猫達です

猫達を保護しつつ、譲渡(里親さんへのご縁を繋いでいます)

譲渡後も、月に一度里親さんと連絡を取り合っているとの事です。



ご夫婦で活動しています。

生後間もない子猫達のお世話をしたり

病院に連れて行ったり

動物愛護センターからお引き出しをしたり

里親さんに譲渡をしたり

とてもお忙しくされています。

また、クラウドファンディングを利用し

ひだまり号別館(シェルター)を改装します。

2019年6月14日(金)23:00 にプロジェクトが成立しました。

みなさんの温かい応援と励ましは、日頃のご夫婦のご尽力の賜物ですね。

次回の目標も設定されています。


まとめ

新聞、テレビでも紹介されていて
あの、名古屋市長の河村たかしさんも来店しています。
ご夫婦の人柄にふれながら、まるで秘密基地のような異空間で
猫達との出会い、癒されるひとときをお楽しみください。

かりるーむも協賛しています。



保護猫カフェひだまり号

保護猫カフェひだまり号クラウドファンディング




frailtyImg02
出典 公益社団法人 東京都医師会



フレイルで介護予防
健康で前向きな高齢期人生を!




フレイル(Frailty)とは
健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間の事を言います
そして、フレイルの時期を経て徐々に要介護状態になっていきます。
フレイル(Frailty)について気になったので調べてみました。

健康状態→ フレイル(虚弱)→身体機能障害(要介護)



かりるーむ
http://cari.jp/



フレイル(Frailty)と健康寿命

からだのフレイル     筋肉量の減少 栄養不足
こころのフレイル      認知機能の低下 抗うつ
社会的フレイル       孤独感 社会とのつながりが減る



早めのフレイル(Frailty)回復・対策

筋力の低下→適度なウォーキング
活動量の低下(不活発)→地域活動の参加
歩行速度の低下→今より10分多く歩く
疲労感→疲れをためない
体重減少→バランスの良い食事 口腔ケア



フレイル(Frailty)の時期に生活習慣を見直す

食事
1日3食の食事をしっかり摂る
よく噛んで食べる
歯や口腔内のケアの為に定期的に歯科に受診する

身体
一駅分、歩いてみる
適度な筋トレ
階段の上り下りを意識する

社会参加
友人、知人を作りおしゃべりを楽しむ
趣味を持つ
孤食よりも共食を



フレイル(Frailty)  まとめ

近年、厚生労働省も保険事情ガイドラインを作成し
フレイル(Frailty)について素案をまとめています
40代、50代のうちから加齢によるフレイル(Frailty)対策が
必要なのかもしれません。


フレイル(Frailty) セルフチェック

□食欲がなく、やせてきた(体重減少)
□なかなか疲れがとれなくなってきた(疲れを感じる)
□歩くのが遅くなった(青信号のうちに渡りきれない)
□力が入らなくなってきた(ペットボトルのふたが開けにくい)
□出かけるのがおっくうになった(社会参加をしていない)