かりるーむ (http://cari.jp) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
tenten


uterine-g68ea8b2c7_640


リボンとカラーの意味
国内外様々な啓発や問題を示すリボン運動




アウェアネス・リボン(Awareness ribbon )
欧米から世界へと広がったリボン運動です。

日本では毎年10月に行われるピンクリボン運動が有名です。
女性の乳がんの早期発見、診断、治療を目的として行われます。
ピンクリボン運動は、1980年代のアメリカで広がりました。

そして日本では・・・
東京タワー、レインボーブリッジ、姫路城、明石大橋・・・など
ピンク色にライトアップされたりもします。

何らかの啓発、社会運動、社会問題に対して
理解と支援を示す為、様々なリボン運動が行われています。

今回はリボン運動についてまとめてみました。




64aff65a
http://cari.jp/





□ がん疾患に対する運動

子宮頸がん (ティール&ホワイト)
大腸がん (ダークブルー)
皮膚がん (ブラック)
前立腺がん (ライトブルー)
乳がん (ピンク)
胃がん (ペリウィンクル)
肺がん (パール)

主に、がん検診などで早期発見を促しています。



□ 疾患に対する運動

パーキソン病 (ブルー) 
アルツハイマー病 (パープル)
ダウン症への理解 (ブルー&イエロー)
精神障害・知的障害・発達障害への理解 (シルバー)
臓器移植の普及 (グリーン)

主に、疾患の理解と普及を促しています。



□ 社会に対する運動
  
エイズの理解と支援の運動 (レッド)
性同一性障害への理解の為の運動 (空色)
LGBTへの理解の為の運動 (レインボー)

911アメリカ同時多発テロ事件への祈りの為の運動 (ブラック)
児童買春・児童ポルノ根絶 児童虐待防止運動 (オレンジ)
ホームレスへの支援運動 (パープル)

北朝鮮による日本人拉致問題被害者の生存を信じ救出を願う運動 (ブルー) 
北方領土返還運動 (ブラウン)

主に、社会に対し支援を求めています。



□ まとめ

社会運動や社会問題に対して
賛同や理解の意思を持っち
「私は支援しています!」とさりげなくアピールできるリボン運動は
たくさんの人々の関心を得る運動だと思います。

子どもの頃、赤い羽根を付けている人々を見て
はじめて募金をして、赤い羽根を付けてもらいました。
とても誇らしい気持ちになったことを思い出します。

また、リボン運動は募金や集会に参加しなくても
その運動に参加していると言う意思を示せます。

社会的誤解や矛盾が少しづつ解消されることを願います。

※ リボン運動は他にもあります。


cari.jp

dokusyo_aki_woman



一番身近な文学賞
書店員さんが選ぶ文学賞





芥川賞、江戸川乱歩賞、松本清張賞、直木賞・・・
日本には小説を対象にした文学賞が120以上あります。
そんな中、とても親近感が持てる文学書が『本屋大賞』です。

この賞は全国の書店員さんが「一番売りたい本!」を投票で選ぶ文芸賞です。
本を売るスペシャリストの書店員さんは、いったいどんな本を選ぶのか気になりますね。

今回は『本屋大賞』についてざっくりまとめてみました。




64aff65a
http://cari.jp/




□ 本屋大賞 とは

NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞です。
2004年に設立されました。

選考基準
新刊を扱う、書店・オンライン書店の書店員さんの投票です。

書店で売りたい本!
本当に面白かった本!
お客様にオススメしたい本!

アルバイトの書店員さんも投票権があります。
そんな、読者との距離がいちばん身近な書店員さんが選ぶ賞です。

まずは、ノミネート作が選ばれ受賞作が決定します。



□ 本屋大賞2022

 2020年12月~2021年11月に刊行された日本の小説

投票に参加した書店員さんは627人(483書店)

ノミネート作は10作


★ 2022年本屋大賞ノミネート10作

赤と青とエスキース
青山美智子

硝子の塔の殺人
知念実希人

黒牢城
米澤穂信

残月記
小田雅久仁

スモールワールズ
一穂ミチ


正欲
朝井リョウ

同志少女よ、敵を撃て
逢坂冬馬


星を掬う
町田そのこ

夜が明ける
西加奈子

六人の嘘つきな大学生
浅倉秋成


★ 本屋大賞2022 大賞★

2022年4月6日発表


同志少女よ、敵を撃て 逢坂冬馬


あらすじ
舞台は第二次世界大戦の独ソ戦
1942年、狙撃兵となった少女セラフィマ
女性狙撃兵訓練学校で自分と同じ境遇の少女たちと共に前線へ・・・
そんな戦地での、倫理観と少女達の絆が描かれています。



□ まとめ

小説は、一年間で一万冊以上(海外本含む)の新刊が出版されているようです。

そして、書店員さんは一年間でどの位の本を読むのでしょう・・・

私は、学生の頃はほぼ毎日のように読書をしていましたが
社会人になると月に4~5冊程度です。

毎年1月位から書店で見かける『本屋大賞』フェア
誰かに読んで欲しい、そして共感して欲しい・・・
そんな想いが詰まっているのを感じ、私もノミネート作を読みたくなります。



cari.jp