かりるーむ (http://cari.jp) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
macaron

インスタグラム
@macaron616

ilse-orsel-J5EUUY7SuLk-unsplash


地域で見守る
生活困窮からの脱却支援




現在、新型コロナウイルスの影響で、住まいを失う
低所得者・生活困窮者・貧困高齢者が増えています。
そして、住まいを失いホームレスになるケースもあるようです。

『だったら、生活保護を受給すれば良いのでは?』とも思いますが・・・
生活保護を受給するには安定した居住地が必要です。

実は現在、福祉の一歩手前をサポートしてくれる
NPO法人、不動産屋さん、物件のオーナーさんが増えています。

また、フードバンクのある地域もあるようです。

そんな住宅弱者の方々に寄り添い
住宅を提供してくれる方々についてまとめて見ました。





64aff65a
http://cari.jp/





□ 一般社団法人生活困窮者自立支援全国ネットワーク

全国ネットワークで会員824名 賛助団体32団体

経済的困窮、社会的孤立に置かれた人々を支援します。
生活困窮からの脱却に向け、安定した就労や住居の提供など・・・
生活保護受給に至る前の段階からサポートします。




□ 一般社団法人全国居住支援法人協議会

全国ネットワークで194団体(個人含む)

地域に密着して住宅弱者をサポートしています。
また、あらゆる生活支援もしています。
元厚生労働事務次官  村木厚子さんも代表者の1人です。




□ 住宅の確保事情

住宅弱者が行政に相談しても
住宅の確保は、とても難しいそうです。

また、不動産屋さん
物件のオーナー側からすればとてもリスクが高く、・・・

住宅弱者が入居審査に使える書類も持っていなかったり
家賃の滞納、近隣トラブル、夜逃げをするケースもあるようです。
そして、高齢者の場合、孤独死のリスクも高まります。

そんな中、立ち上がってくれる不動産屋さん
住宅弱者を受け入れてくれる物件オーナーがいます。

また、NPO法人もバックアップしながら
住宅弱者に住宅が確保されます。

物件オーナーも『家賃低廉化補助制度』も利用し
長期安定的な利益確保に繋がる場合もあります。


●家賃低廉化補助制度とは

低所得者を受け入れ、物件を提供するオーナーに対し
「月額最大4万円」を補助する制度です。
原則として最長10年間(※20年間)




□ まとめ


困窮は、自業自得、自己責任と言う人もいます。

職と住居を同時に失う・・・
これって、誰でも陥ることなのでは?

職を失い、家賃を滞納し、家を失う・・・
家が無いから生活保護も受けられない

しかし、、誰かが手を差し伸べ
救われる人がいるのです。


cari.jp




viktor-forgacs-IwH7MrcsNEU-unsplash



デジタル所有物
偽造不可能なデジタルデータ



2021年3月
Twitterの創業者ジャック・ドーシーの最初のツイート
2021年3月 約3億円で落札されました。


2021年10月28日
SNS大手のFacebookが社名の変更を発表しました。

新社名はMeta(メタ)

そして、世界では、この3つのワードが駆け巡りました。

Metaverse メタバース 
NFT(Non-Fungible Token) エヌエフティー
Blockchain ブロックチェーン


Metaverseとは、仮想空間

NFTとは、偽造不可能なデジタルデーター

Blockchainとは、取引情報、資産の追跡ができる仕組み

そして現在、デジタル世界ではこの3つが活躍しています。




64aff65a
http://cari.jp/




□ デジタルアート

デジタルアート作家Beeple(ビープル)の作品が
2021年  3月  約75億3000万円で落札
2021年11月  約32億6000万円で落札

なぜ、デジタル・アートが売れるのでしょう?
それは、NFT(偽造不可能なデジタルデーター)であると証明でき
Blockchainで取引情報、資産の追跡ができるからです。




□ ゲームの世界

育成・繁殖ゲーム「アクシーインフィニティ」で
ゲーム上のメタバース(仮想空間)の土地が
2021年2月  約1億6580万円で落札

なぜ、メタバース(仮想空間)の土地を売買するのでしょう?
それは、その空間で実生活とほぼ同じ生活ができるからです。




□ ファションの世界

ドルチェ&ガッバーナのNFTコレクションを
2021年10月 9点の品 総額約6億3,000万円で落札

なぜ、デジタルファションを購入するのでしょうか?
それは、メタバース(仮想空間)の世界で実生活とほぼ同じ生活ができ
ブランド品は、NFT(偽造不可能なデジタルデーター)により唯一無二の存在になるからです。




□  まとめ

2009年頃から作られた暗号資産(仮想通貨)から
仮想空間の世界が現実味を帯びてきました。

近い将来、生活の基盤はメタバース(仮想空間)になり
そこで収入を得て、生活ができる時代になるのかもしれません。
今から、少しづつ勉強をして行くと良いかもしれません。


cari.jp