かりるーむ (http://cari.jp) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
macaron

bermix-studio-F7DAQIDSk98-unsplash


違和感を感じたら・・・
典型的なものから巧妙なものまで・・・



フィッシング詐欺とは・・・

本物のWebサイトと、ほとんど区別がつかないよう偽のWebサイトから
電子メールを使い、もっともらしい文面や緊急を装う文面で
偽のホームページに接続させ、個人情報を盗みとる巧妙な詐欺です。

例えば・・・
クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)を盗み出すだします。

EメールやSMSを送りつけるのが主流となっています。

私も何度も被害にあいそうになりました。その経験からお伝えします。



64aff65a
http://cari.jp/




□ 手口

Eメールの文面

アカウントがロックされました。
アカウントが停止されました。
カード情報を更新してください。

支払い情報を今すぐ確認してください。
カードが不正に利用されている可能性があります。ご確認ください。
情報漏えいの可能性があります。ご確認ください。


SMSの文面

お荷物の住所が不明でお預かりしています。(不在通知を装う)
LINEのアカウントが停止されました。


twitterのDM

フォロワーさんのアカウントを乗っ取りurlが添付されてきます。
それをクリックすると、自分のアカウントが自動で乗っ取られます。



□ 対策

文面に
違和感を感じたり、不自然さを感じた時は
公式サイトから確認しましょう。

url横の鍵マークを確認
鍵のマークは「SSLサーバー証明書」が導入されている証です。
信頼できる第三者機関(認証局)が発行する電子証明書です。



□ まとめ

私が経験したフィッシング詐欺の文面

amazonから。
内容は、あなたのアカウントが停止されました。
確認方法は、公式サイトを見れば停止されていないことがすぐわかります。


iphoneから
内容は、あなたのアカウントがロックされました。
しかし、私はiphoneユーザーではありません。


Googleから
内容は、Google adsenseが停止されました。
確認方法は、ブログの広告が掲載されているかを見ます。


三井住友カードから
内容は、お客様のご利用のカードが不正利用されている可能性があります。
確認は、公式サイトから利用履歴を確認します。


一見、見分けが付かないようにも思えますが。
公式サイトから、お知らせが無いのにわざわざ、Eメールで送ってくるのはとても不自然です。

後、文面もとても稚拙な感じがし違和感を感じます。

もしも被害にあったら
各都道府県警察のフィッシング専用窓口
サイバー犯罪相談の窓口まで相談や通報ができます。



cari.jp

pedestrian-lights-gcabdf5103_640



介護後進国日本
「そのときが来てから」では手遅れ!




道路を渡れない老人たち リハビリ難民200万人を見捨てる日本。
「寝たきり老人」はこうしてつくられる

著者 神戸 利文

発売 2021年9月



著者はリハビリ専門デイサービス
 「リタポンテ」 代表



64aff65a
http://cari.jp/





日本の青信号は1m1秒で渡れるとしています。
しかし、高齢者になると歩く速度も衰え、その上膝痛、腰痛、杖での歩行など・・・
とても1mを1秒で横断歩道を渡りきれません。

そんな高齢者は、身体の衰えを感じ自然と家に引きこもりがちになり
急激に身体能力が衰え始めます。
寝たきりになったり、介護支援が必要になったり、認知症のリスクも高まります。

高齢者の介護は・・・
介護になる前の段階から、事前の知識や情報収集がとても重要だと著者は述べています。




□ 介護施設 公的施設 

入居一時金が0円
月額費用はほぼ年金で賄えます。

しかし・・・
特別擁護老人ホームは32万人が待機老人

◎ 特別擁護老人ホーム
原則、要介護3以上の方が対象、緊急度の高い方、低所得の方

◎ 介護老人保護施設
原則、要介護1以上の自宅復帰を目指す方

◎ 介護療養型施設
療養病床とも呼ばれています。
他の施設よりも医療ケアを重点的に行っています。




□ 豊かな老後人生

自治体の支援やサービスを利用しつくす。
介護保険制度を利用する。
社会福祉サービスを詳しく知る。
介護の情報を集める(どのような介護施設を選択すべきか)

身体機能を維持させる。
噛む力、歩く力、転倒のリスクを回避する。
身の回りのことは自分でする。




□ まとめ

親の老後、もしくは自身の老後の為にも
積極的な身体機能訓練や介護の情報は大切です。

そして、あらゆる支援やサービスは申請制となっています。

また、延命拒否に関しても意思表示が必要です。
例えば、自宅に救急車を呼んだ時点で原則、延命措置となります。
人工呼吸や胃ろうなどの延命治療が施されます。

安心で幸せな老後を過ごすための介護支援やサービスなどは
地域のケアマネジャーや地域包括支援スタッフに相談してみるのが良いかもしれません。



cari.jp