かりるーむ (http://cari.jp/) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
macaron

インスタグラム
@macaron616

nick-morrison-FHnnjk1Yj7Y-unsplash



最短距離でスキルアップ!
将来は副業&フリーランスに役立てたい!


新型コロナウイルス感染拡大により
外出自粛を求められているさなか
地方在住でも、自宅でもカフェでも
どこからでも、いつでも・・・
好きな時間に学べる
オンライン(web)講座が
今、とても人気です。

また、将来にわたって
安定した収入を得たい。
副業や独立をしたいと言う理由から
オンライン(web)講座を
選ぶ人が増えています。

オンライン(web)講座は
豊富なラインナップが魅力で
ジャンルもサイトもたくさんあります。
そこで、今回は
人気のジャンルに絞って
ご紹介します。



EQ80ArEUUAA6cXm
http://cari.jp/




□ 人気のオンライン(web)講座

☆ webデザイナー
WordPress
CSS 、HTML、Photoshop
webデザインの基礎を学びます。

☆ プログラミング言語
Python、Java
C#、C++、React
Spring 、Framework、
プログラミングの基礎を学びます。

☆ デジタルマーケティング
Google AdWords認定資格
Google広告認定資格
Googleアナリティクス
EC、SNSマーケティング
メールマーケティング
マーケティングの基礎を学びます。

☆ 多言語
英語、中国語、韓国語
ドイツ語、スペイン語、フランス語
グローバルキャリアに役立てます。

☆ 不動産投資
建設、ファイナンシャルモデリング
財務分析 (利回り、収支計算、融資、節税)
物件選び、リフォーム
不動産投資家になるために必要な
基礎を学びます。

☆ DIY
日曜大工、リフォーム
ガーデニング、電気配線
電動工具の使い方
壁紙の貼り方、棚やテーブルの作り方
設計、デザイン、風水
DIYの基礎を学びます。

☆ ヨガ・セラピー
呼吸法、ヨガのポーズ
座学やヨガ哲学
ヨガの伝統的瞑想法
ヨガの基礎を学びます。
※ インストラクター養成トレーニング



□ まとめ

私もオンライン(web)講座を
受講した事があります。
資格を収得したりと
楽しく学ぶ事ができました。

ですが、明日からすぐに
それが仕事になります。
収入が増えます。
副業ができます。
人生が変わります。
とは、行きません。

どちらかと言うと
次へのステップへの足がかりと考え
人生の選択肢を増やす位の気持ちが
ちょうど良いと思います。

それと、日々の積み重ねと努力は
不可欠です。^^


cari.jp





christina-hawkins-VDpYOvZm2Ok-unsplash


勤労感謝の日の起源は弥生時代
収穫に感謝し労働をねぎらう国民の祝日


11月23日は
勤労感謝の日
(Labor Day/レイバー・デー)で
日本国民の祝日です。

そして
毎年11月の第4木曜日
今年なら2020年11月26日は
感謝祭
(Thanksgiving Day/サンクスギビング・デー)で
アメリカ国民の祝日です。

感謝祭(Thanksgiving Day)は
テーブルには七面鳥が並び
収穫や日々の恵みに感謝し
家族と共に過ごす大切な
アメリカ国民の祝日です。

一方、勤労感謝の日(Labor Day)は
特に何かを祝う事はしない
日本国民の祝日です。

ちなみにアメリカの
労働際(Labor Day)は

毎年9月の第1月曜日で
アメリカ国民の祝日です。

ふと思ったのですが・・・
では、世界的に有名な
労働の祭典
メーデー(May Day)は

なぜ?祝日ではないのでしょう。




EQ80ArEUUAA6cXm
http://cari.jp/




□ なぜ?国際デーは祝日にならないの・・・

国際デーは100以上あるのですが
実は、日本ではどれ1つとして
国民の祝日にはなっていません。

労働の祭典として知られている
5月1日のメーデーは
世界各地でも色々なイベントが行われ
日本でもアメリカでも
パレードなどがあります。

が、しかし
日本、アメリカ、イギリス
ヨーロッパ(オランダ、スイス・・・)では
祝日にはなっていません。

それは、メーデーよりも先に
労働、勤労にちなんだ
国民の祝日が存在していたからです。

1886年に
アメリカでメーデーが誕生し
8時間労働制を統一するため
ストライキやパレードが行われました。

日本の場合
勤労感謝の日の起源は
弥生時代の
新嘗祭 (にいなめさい)で

宮中祭祀(くうちゅうさいし)でした。
収穫に感謝し、人々の労働をねぎらう
大事な行事として誕生しました。

日本でもそうですが
他の国も古くから
日々の労働や収穫に対する
伝統的行事があったようです。

それでも
メーデー(May Day)の5月1日を
国民の祝日としている国は
今では、80ヵ国以上と言われています。

cari.jp