かりるーむ (http://cari.jp/) スタッフブログ

名古屋市西区名塚町2丁目113-2

書いているスタッフ
macaron

インスタグラム
@macaron616

smart-home-3653454_640


10年後、20年後の未来
あらゆるモノがコミュニケーションする



最近よく耳にするIoT
(Internet of Things インターネット・オブ・シングス)

ざっくり言うと、インターネット経由であらゆるモノが
繋がることで私達の生活がより豊かになること。

モノが情報を収集し位置・状態・環境に
順応することで人間が考えなくても
モノが考えてくれる!
そんな時代がすぐそこまで来ている予感がします。(笑)

そんなIOTは自動車産業、医療の現場
製造業などで大いに活躍すると言われています。
そして、私達の生活環境にも需要が拡大しつつあります。
そんな、気になるIOTについてまとめてみました。




EQ80ArEUUAA6cXm
http://cari.jp/





□ 自動運転システム

自動車のIoT化により
基本、運転操作は自動運転となります。
また、車に搭載しているセンサーとAIが
収集した走行状況、位置情報、渋滞状況
道路状況を分析しスムーズな走行となります。




□ 医療現場の人手不足

医療現場のIoT化により
介護や独居老人の遠隔モニタリング
生体データの収集
また、効率的な診断などに役立ちます。
特に介護の現場は、過酷な業務内容から
深刻な人手不足となっていて離職者も
非常に多くIoT化はとても期待されています。




□ 製造業での導入

製造業のIoT化により
生産性の向上、コスト削減、製造現場での
データー収集、管理などメリットは
とても大い分野です。
特に、可視化ができることで生産性が
向上すると言われています。




□ 電化製品

電化製品のIoT化により
照明、テレビ、エアコン、冷蔵庫、トイレ
バスルーム、キッチン、自宅のドア、窓
ガレージの開閉などあらゆる機能が便利になり
生活をサポートしてくれます。
また、自宅のセキュリティーの強化にも繋がります。




□ まとめ

IOT化、AI化、先端テクノロジーなど
今後、急速に実用化が進んで行くことでしょう。
正直、期待の反面、漠然とした不安もあるのは
私だけでしょうか・・・



cari.jp





baudouin-wisselmann-w93V9cKT0kk-unsplash



臭覚は人間の4千倍〜6千倍!
警察犬(嘱託犬)の8割は元ペット



国や地域の治安維持と安全のために
警察官といっしょに捜査や捜索活動を行う警察犬
現在、1400頭余りの警察犬が活動しています。
そんな警察犬についてまとめてみました。



EQ80ArEUUAA6cXm
http://cari.jp/



□ 警察犬になるまで

☆ 警察犬に向いている犬種
ジャーマンシェパード
ラブラドールレトリバー
ゴールデンレトリバー
ドーベルマン
ボクサー犬

☆ 警察犬は2種類
直轄警察犬訓練士(警察官)が訓練し警察が所有している直轄犬
民間の訓練所に入所し嘱託警察犬訓練士(公認訓練士)が訓練する嘱託犬

☆警察犬の訓練期間
一年から一年半で認定試験に合格
基本の訓練内容は、追及、選別、警戒

一割程しかいない直轄犬の場合は引退まで
毎年認定試験を受け続けます。

☆ 警察犬の訓練士
直轄警察犬訓練士(警察官)の場合は
警察犬がいる部署に配属にならなければ
直轄警察犬訓練士にはなれません。
警視庁(東京)、神奈川県警、千葉県警、京都府警・・・他

☆ 公益社団法人日本警察犬協会
警察犬全体の1割程の直轄犬の育成と訓練
直轄警察犬訓練士の育成
警察犬の啓蒙活動



□ 警察犬の仕事

事件・事故・災害現場での捜査活動
行方不明者を中心にした捜索活動
遺留品から行方不明者や犯人を跡追する追跡活動
空港などでの麻薬探知活動
不審者に噛み付いたり威嚇する威嚇活動



□ 警察犬の勤続年数と引退

ほぼ10年余りで引退となります。
直轄警察犬は基本的に施設内で引退後も余生を送ります。
嘱託警察犬は飼い主の元へまたは里親の元で余生を送ります。


□ アメリカの警察犬と軍用犬

アメリカの警察犬は
通称 k-9と呼ばれています。
※ canine(ケイナイン)

☆ アメリカの警察犬の仕事
事件・事故・災害現場での捜査活動
行方不明者を中心にした捜索活動
遺留品から行方不明者や犯人を跡追する追跡活動
空港、国境での麻薬探知活動
テロ、爆発物の探知検地活動
不審者に噛み付いたり、威嚇する威嚇活動

警察犬は警察官と同等の階級が与えられています。


アメリカの軍用犬は
ハンドラー(海兵隊員)と共に
特殊な訓練を受け、追跡、探知、検知が基本です。

☆ アメリカの軍用犬の仕事
爆弾や地雷などの探知検知を行う
テロ犯や敵の追跡、味方や負傷者を追跡を行う
警護や見張りを行う
負傷者や兵士のケアを行う

ハンドラー(海兵隊員)同等の階級が与えられています。


□ まとめ 

従順で、賢い犬は高度な訓練を乗り越え
時には命がけで捜査や捜索の
手助けをしています。

特にアメリカの場合は銃社会と言う事もあり
殉職する警察犬もいます。
その場合は警察官と同等のセレモニー
行われます。


cari.jp